クレジットカード現金化のご相談は大阪カワチリサイクル

クレジットカード現金化信頼と安心の実績No.1カードで即現金
改正貸金業法の施行
   最近融資を断わられたとか、使えたカードがキャッシングできなくなったことはありませんか。それは貸金業者の法律が変わったからです。
平成18年末に成立した『改正貸金業法』は平成21年6月に完全施行されました。合法金融の場合利息制限法にのっとりそれまでの貸出金利上限の29.2%が小口で20%、100万円未満は18%に下がりました。その代わり総量規制がとられてその個人の借金の合算がその個人の収入の1/3を上限として貸出をしないという業界規制がとられました。今まで借りて返してを繰り返して金利払いのようなことをしてきた規制対象の方が返す金を借りられないという困った状況になりました。

特にお困りなのは原則無収入の主婦層です。1/3もなにも原則無収入ですから。パートなど非正規雇用でも収入は認められますが年収100万円程度の場合は無収入と同じ扱いということになっているようです。
「お金を借りられない」社会が、いかに経済を停滞させるか今まさに日本に起きている現象を検証する。ここ数年、消費者金融では10人に6人~7人が融資を断わられ、事業の世界では中小企業の資金繰り倒産が続いている。また身近なものではカードでのキャッシングがおりないケースもある。これらに共通するのはノンバンク経由のお金ということだ。実はノンバンクは「貸さない」ではなく「貸せない」。06年末に成立した「改正貸金業法」等により機能不全に陥っているのだ。お金が回らない経済は縮小せざるを得ない。(小林幹男著、「貸せない」金融・個人を追い込む金融行政)より。
借りたくても借りられない!消費者不在の地獄の時代の始まり!
多重債務者救済の名の下に進む法律改正が、一般消費者の懐を直撃しようとしている。年収の3分の1までしか借りられない総量規制が始まり、クレジットカードも持ちにくくなるのだ。この大変化にどう立ち向かえばよいのか?
(岩田照夫著、あなたに貸す金はない!・国が生み出す新しい「借金地獄」)より
カワチリサイクルはご利用の時点で職業や家族構成など聞きません。借用証書も作りません。5分程度のお買取(換金)では時間的に無理でしょう。だから取立ては一切ないのでご安心ください。
当社は金融業者ではありません。都道府県公安委員会認定のリサイクル業者ですから直接融資はいたしません。そのため当社との融資契約が必要ないので審査も不要なのです。お支払いはご利用のカード会社あてになるのでリボ払いや分割払いをお選びいただけます。
カードの『ショッピング機能』は翌月末一括払いなら年利0%で金利はかかりません。お買物なので分割払いでも年利7%~12%の低金利でご利用できます。
借金ではなく購入なので返済と呼ばずに支払いと呼ばれます。さらに1%程度のショッピングポイントがつくのでその分がさらに安い計算になります。借入れよりクレジットカード現金化がお得です。

ちなみに消費者金融など合法金融業者でも取り立ては激しいのでこげついた場合は違法金融業者と同じような取立てはあるのです。サラ金ですから預金を集められる銀行とはちがうのですから。カワチが相談にのれる範囲で解決方法のアドバイスをいたします。
ページの先頭に戻る